明るい将来のためのマインド作成
これまでに私が学んできた 人生を切り開くために必要な情報と知識を 多くの方に発信しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聞き手の表現力で関係が変わる
こんにちは、小太郎です。


「話すより聞くほうが楽」

会話に対してこういった印象を、
持っている人も多いと思います。

確かに話す側は、話題を提供したり、
たくさん喋らなければいけないなど、
色々と大変なイメージがあります。

でも、本当に大変なのは、
「話を聞く側」の人間なのです。

適当に相槌を打っていたり、
見当違いの受け答えをしていては、
相手と良い関係を築くことは出来ません。

なぜなら話し手に、

「この話題に興味ないんだな」
「この人、話を聞いていないな」
「本当に話の内容を理解しているのだろうか?」

といった気持ちを、
抱かせてしまうからです。

こういった状況になってしまうと
相手は「話をする気分」ではなくなります。

そして結果的に、

「あなたとは会話が弾まない」

という印象を与えるのです。

なので、こういった状態を避けて、
会話を盛り上げていくためには、

「あなたの話をちゃんと聞いていますよ」

ということを、
アピールする必要があるのです。

そこで今日は、
聞き上手になるための方法を、
いくつか紹介したいと思います。

参考にしてみて下さい。


==============
聞き手に必要な3つのポイント
==============

■ポイント1:相槌

どんなに人の話を聞いていても、
その様子がしっかりと伝わらなければ、
相手は自分の話を聞いているとは思いません。

「反応」を体や言葉で、
表現する必要があるのです。

例えば、

・うなずく速さを変える
・少しだけ大袈裟に反応する
・ジェスチャーを使う
・たまに自分の感想を言う

など、色々あると思います。

そして、相槌を打つときのポイントは、
「ワンパターンにしない」ということです。

こうすることで、
相手の「話す気」は持続します。

バリエーションを増やして、
相手を飽きさせないようにして下さい。


■ポイント2:話の主導権を奪わない

話の主導権はいつでも、
「話題を提供した側」にあります。

自分の得意な話だからといって、
「相手が話したい気持ち」を尊重しなければ、
会話を盛り上げることは絶対に出来ません。

でも会話の途中で、
自分の意見を言うことも必要です。

そんなときは、質問などを絡めて、
必ず相手に主導権を返すようにして下さい。


■ポイント3:話の主題を感じ取る

人が話をするときには、
「伝えたいこと」があるものです。

この部分を感じ取れないと、
会話が噛み合わなくなってしまいます。

「この人は、何を伝えたいのか?」

といった感じの疑問を、
常に持っておくことが重要なのです。

なので、話を聞くときには、

・相手の表情
・強調している部分
・繰り返し登場する言葉

などを、見逃さないようにして下さい。

それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
セルフイメージの作り方
こんにちは、小太郎で

みなさんは、

「セルフイメージ」

という言葉を知っていますか?

セルフイメージとは、
自分が自分に対して持っている、
自分自身の印象や感情、意見のことです。

例えば、

・お人好し
・人見知りする
・プラス思考
・おっちょこちょい
・朝、起きれない

など様々なものがあると思います。

そして人間には、
セルフイメージに合わせて、
無意識に行動するという特徴があります。

自分のことを、

「マイナス思考」だと思っている人は、
常にマイナス思考で物事を考えてしまうし、

「プラス思考」だと思っている人は、
常にプラス思考で物事を考えます。

つまり、自分の意識や行動は、
自分自身に決められているのです。

決して他人ではありません。

なので「理想の自分」を、
しっかりとイメージすることで、
自分の行動を良い方向へ導く必要があるのです。

そして、このことは、
「人とのコミュニケーション」
についても同じことが言えます。

例えば、引っ込み思案なら、

「自分は社交的だ」

といった感じの、
セルフイメージを持つことで、
苦手意識を取り除くことが出来るのです。


===========
会話上手な自分の作り方
===========

■ステップ1:セルフイメージを知る

まず最初に会話をするときの、
自分の行動を思い浮かべて下さい。


・上司に自分の意見を言えない
・友人と話すときは会話が盛り上がる
・自分は「聞き上手」だと思う
・初対面の人だと緊張してしまう


など色々あると思います。

出来るだけ具体的に、
紙に書き出していって下さい。


■ステップ2:セルフイメージを変える

書き出したことの中で、
自分が変えたいイメージを選んで、
理想に近くなるように修正していって下さい。


・上司に自分の意見を言えない
    ↓↓↓↓↓
 上司に自分の考えを伝えることが出来る

・初対面の人だと緊張してしまう
    ↓↓↓↓↓
 初対面の人でもリラックスして話せる


といった感じです。

ポイントは、
実現可能なイメージにすることです。

目の前の目標を達成してから、
更に高い理想を目指すようにして下さい。


■ステップ3:セルフイメージを意識する

作り変えたセルフイメージは、
自分の中に定着するまで常に意識して下さい。

紙に書いたものを、
毎朝読み上げてみたり、
手帳に書き込んでも良いでしょう。

後は、行動あるのみです。

それでは、今日はこの辺で。
思いやりの心で好意を得るには
こんにちは、小太郎です。


最近の企業が、
私達に求める資質の1つとして、

「コミュニケーション能力」

があります。

確かに、仕事をするに当たって、
専門的な知識や能力は必要な要素です。

でも、これだけでは、
会社が生き残ることはできません。

なぜなら、ビジネスというものが、
人との関わり合いを前提としている以上、

「人間関係」

は、絶対に欠かせないからです。

上司との会話
同僚との会話
部下との会話
取引先との会話

どれか1つでも疎かにすると、
そこから人間関係の歯車は狂いだします。

言いたいことを言えなかったり、
他人の協力を得られない状況では、
自分のスキルを存分に生かせません。

これでは、宝の持ち腐れです。

そこで今日からは、

「円滑な人間関係を築く会話術」

について、
お話していこうと思います。

これからお伝えすることは、
会話をするときには必ず意識して下さい。

良好な人間関係を築くための「軸」となる、
とても重要なことだと私は考えています。


■良好な人間関係を築くために必要なこと

人と会話をするときには、
このことを「全ての基本」にして下さい。

それは、

・相手を理解すること
・わかりやすく話すこと

この2つです。

つまり、

「相手を思いやる気持ち」

を持つことが必要なのです。

みなさんの話し相手は、
会話の中で常に「共感」を求めています。

・自分の話を聞いてくれない
・わかりにくい話し方をする

こんな人と仲良くしようとは誰も思いません。

相手に「ストレス」を与えるような、
会話のやり方では良い関係を作れないのです。

だから「思いやりの心」は、
絶対に忘れないようにして下さい。

非常にシンプルですが、
このことを意識するだけでも、
かなり相手の反応が違ってくると思います。

きっと効果を実感できるはずです。

それでは、今日はこの辺で。
合格出来なかったら2万円を払う
こんにちは、小太郎です。


「試験日に間に合わないかも」

宅建資格試験のときの話です。

既に一度試験に落ちているので、
不合格になるわけにはいきませんでした。

仕方なく私は大学受験にも使った、
最終手段を使うことにしたのです。

はっきり言ってこの手段は、
正直使いたくありませんでした。

なぜなら、この方法は、

「失敗したら自分に罰を与える」

といったもので、
裏技としか言えないような、
過激で危険な方法だからです。

でも、背に腹は代えられません。

そして私は5人の友人に、

「合格できなかったら2万円払う」

と宣言して、
猛勉強を始めました。

もし不合格なら、
10万円が消えていきます。

当時の月給の約半分です。

自分を追い込んだ甲斐もあり、
無事、試験には合格できましたが、
結果が出るまで生きた心地がしませんでした。

時には、自分にリスクを与えて、
緊張感のある状況を作ることも必要なのです。

もう、やり方はお分かりだと思いますが、
一応まとめておきますので参考にして下さい。


==========
自分を追い込む記憶法
==========

■ステップ1

『目標を達成できなかったときの、
 自分への「罰」を決めて下さい。』

例えば、

・坊主頭にする。
・大嫌いなピーマンを30個食べる。
・反省文を書いて友人の前で土下座しながら読む。


など、何でも構いません。

ちなみに私が、
大学受験のときに決めた罰は、

「自宅から300キロ離れた場所に、
    自転車で行って証拠写真を撮ってくる。」

でした。


■ステップ2

『周りの人間に宣言する。』

人に言うことで、
後戻りできなくなります。

宣言したあとは、
罰を受けずに済むように、
死に物狂いで勉強して下さい。

それでは、今日はこの辺で。
感情を使った勉強法
こんにちは、小太郎です。


“「強い感情を伴った記憶は忘れにくい」

 だから、勉強するときには、
 感情をイメージしながら覚えましょう。”


インターネットなどでは、
よく言われていることですが、
私はこの方法が良いとは思いません。

過去に試したときの結果は、
次ような感じでした。


【怒りの感情】

参考書の内容が全く頭に入らず、
ストレスだけが溜まってしまった。

【楽しい感情】

遊びに行きたくなって、
勉強どころではなくなってしまった。


未だに覚えているので、
それなりの効果はあると思いますが、
やはり勉強向きの方法ではないと思います。

そこで、今日は勉強に適した、
「感情」の利用方法を紹介します。


=============
無意識の感情を使った記憶法
=============

感情を勉強に利用するには、
条件があると私は考えています。

主に、

・あまり表に出ない感情
・プラスイメージのとき

この2つの条件を満たすときです。

そして、一日の生活のなかで、
この状況に当てはまるのは、

『食後』

だと考えています。

特別おいしい料理を食べていなくても、
空腹を満たした満足感はあるはずです。

なので、食後の30分間は、
出来るだけ勉強するようにして下さい。

特に、朝食後は狙い目です。

なぜなら、起床後の数時間は、
集中力が高い時間帯だからです。

是非、試してみて下さい。

それでは、今日はこの辺で。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。