明るい将来のためのマインド作成
これまでに私が学んできた 人生を切り開くために必要な情報と知識を 多くの方に発信しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聞き手の表現力で関係が変わる
こんにちは、小太郎です。


「話すより聞くほうが楽」

会話に対してこういった印象を、
持っている人も多いと思います。

確かに話す側は、話題を提供したり、
たくさん喋らなければいけないなど、
色々と大変なイメージがあります。

でも、本当に大変なのは、
「話を聞く側」の人間なのです。

適当に相槌を打っていたり、
見当違いの受け答えをしていては、
相手と良い関係を築くことは出来ません。

なぜなら話し手に、

「この話題に興味ないんだな」
「この人、話を聞いていないな」
「本当に話の内容を理解しているのだろうか?」

といった気持ちを、
抱かせてしまうからです。

こういった状況になってしまうと
相手は「話をする気分」ではなくなります。

そして結果的に、

「あなたとは会話が弾まない」

という印象を与えるのです。

なので、こういった状態を避けて、
会話を盛り上げていくためには、

「あなたの話をちゃんと聞いていますよ」

ということを、
アピールする必要があるのです。

そこで今日は、
聞き上手になるための方法を、
いくつか紹介したいと思います。

参考にしてみて下さい。


==============
聞き手に必要な3つのポイント
==============

■ポイント1:相槌

どんなに人の話を聞いていても、
その様子がしっかりと伝わらなければ、
相手は自分の話を聞いているとは思いません。

「反応」を体や言葉で、
表現する必要があるのです。

例えば、

・うなずく速さを変える
・少しだけ大袈裟に反応する
・ジェスチャーを使う
・たまに自分の感想を言う

など、色々あると思います。

そして、相槌を打つときのポイントは、
「ワンパターンにしない」ということです。

こうすることで、
相手の「話す気」は持続します。

バリエーションを増やして、
相手を飽きさせないようにして下さい。


■ポイント2:話の主導権を奪わない

話の主導権はいつでも、
「話題を提供した側」にあります。

自分の得意な話だからといって、
「相手が話したい気持ち」を尊重しなければ、
会話を盛り上げることは絶対に出来ません。

でも会話の途中で、
自分の意見を言うことも必要です。

そんなときは、質問などを絡めて、
必ず相手に主導権を返すようにして下さい。


■ポイント3:話の主題を感じ取る

人が話をするときには、
「伝えたいこと」があるものです。

この部分を感じ取れないと、
会話が噛み合わなくなってしまいます。

「この人は、何を伝えたいのか?」

といった感じの疑問を、
常に持っておくことが重要なのです。

なので、話を聞くときには、

・相手の表情
・強調している部分
・繰り返し登場する言葉

などを、見逃さないようにして下さい。

それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。