明るい将来のためのマインド作成
これまでに私が学んできた 人生を切り開くために必要な情報と知識を 多くの方に発信しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狭く深く
こんにちは、小太郎です。

単語カードは勉強するときに、
誰もが使うアイテムの1つです。

学生時代から、
愛用している人も多いと思います。

持ち運びにも便利ですし、
ピンポイントで学習できる点など、
使用するメリットはたくさんあります。

シンプルな道具なので、
使い方を工夫できるところが、
人気の秘密かも知れません。

私も大学受験のときは、
友達同士でオリジナルの使用法を、
お互いに自慢しあったものです。

そこで今回は、私が昔から使っている、
単語カードの利用法を紹介しようと思います。

「確実に記憶すること」

に特化した方法です。


============
単語カードを使った記憶法
============

■単語カード帳の準備

まず、10枚1組の、
単語カード帳を3つ作ります。

次に、カード帳の表に番号を書いて、
覚えていく組の順番を決めます。

「1」「2」「3」と書いて下さい。


■ステップ1

まず「1」の組から暗記していきます。

自分のペースで良いので、
確実に覚えるようにして下さい。


■ステップ2

「1」のカード帳の内容を全て覚えたら、
「2」のカード帳にまとめて下さい。

「2」のカード帳は、
全部で20枚になるはずです。

半分は新しいことを覚えますが、
残りは「1」のカード帳の復習になります。

全て覚えるまで続けて下さい。


■ステップ3

「2」のカード帳の20枚全部を、
「3」のカード帳にまとめて下さい。

「3」のカード帳は全部で30枚になります。

カードの数は増えますが、
そのうちの20枚は既に暗記しているはずです。

新しく覚えることは10個だけです。


この方法の良いところは、
「覚えた」ということを実感しながら、
次のステップに進んでいけるところです。

また、カードをまとめることで、
「復習」という忘れがちな行為を、
強制的に勉強に組み込んでいくことが出来ます。

欲張って暗記量を増やすより、
量を少なくして狙いを絞ったほうが、
良い結果を得られると私は考えています。

それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://netbiz567.blog31.fc2.com/tb.php/11-f5b63a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。