明るい将来のためのマインド作成
これまでに私が学んできた 人生を切り開くために必要な情報と知識を 多くの方に発信しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経験と記憶
こんにちは、小太郎です。

「経験」というものは、
積み重ねることで人間の行動を、
スムーズで確実なものにしていきます。

経験が「予測」を可能にするからです。

でも、予想外の出来事には、
うまく対応することができません。

すでに知っていることでも、
場所や状況が変わってしまうと、
脳が軽いパニック状態になってしまうのです。

こんな状態になってしまうのは、
本当の意味で記憶していないことから、
起こる現象だと私は思っています。

「記憶」と「経験」は同じではないのです。

そして、このことは
試験勉強でも同じことがいえます。

問題集をいつも最初から、
順番通りに解いていくことは、
記憶ではなく経験に頼る結果を生むのです。

同じ順番で解くことは、
次の問題や解答を予測させてしまいます。

これでは、問題集は解けても、
実際の試験には対応できません。

なので、常日頃から、
「記憶」を試していく必要があるのです。

やり方は意外なほど簡単なので、
みなさんも参考にしてみて下さい。


==============
真の記憶を試す問題集の使い方
==============

■方法1

・問題を解く順番を入れ替える

問題集を手にとって、
適当に開いたページの問題を解いて下さい。

1つ問題を解いたら本を閉じて、
また別のページを開いて問題を解いて下さい。

これを繰り返すだけです。

ポイントは、開いたページの問題と解答を、
即座に理解できるようになるまで繰り返すことです。


■方法2

・問題集を解く環境を変える

カフェでも図書館でも良いので、
普段とは違う環境で問題集を解いて下さい。

環境を変えることは、
試験本番の予行練習にもなります。

静かな場所や騒がしい場所など、
色々な場所でやってみて下さい。


■方法3

・他人に問題を読み上げてもらう

問題を目で見るのと、
耳で聞くのでは大きな差があります。

簡単な問題でも、
意外と答えられないものです。

答えを声に出して言うことも、
良い方法だと思います。

それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://netbiz567.blog31.fc2.com/tb.php/12-b215b817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。