明るい将来のためのマインド作成
これまでに私が学んできた 人生を切り開くために必要な情報と知識を 多くの方に発信しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感情を使った勉強法
こんにちは、小太郎です。


“「強い感情を伴った記憶は忘れにくい」

 だから、勉強するときには、
 感情をイメージしながら覚えましょう。”


インターネットなどでは、
よく言われていることですが、
私はこの方法が良いとは思いません。

過去に試したときの結果は、
次ような感じでした。


【怒りの感情】

参考書の内容が全く頭に入らず、
ストレスだけが溜まってしまった。

【楽しい感情】

遊びに行きたくなって、
勉強どころではなくなってしまった。


未だに覚えているので、
それなりの効果はあると思いますが、
やはり勉強向きの方法ではないと思います。

そこで、今日は勉強に適した、
「感情」の利用方法を紹介します。


=============
無意識の感情を使った記憶法
=============

感情を勉強に利用するには、
条件があると私は考えています。

主に、

・あまり表に出ない感情
・プラスイメージのとき

この2つの条件を満たすときです。

そして、一日の生活のなかで、
この状況に当てはまるのは、

『食後』

だと考えています。

特別おいしい料理を食べていなくても、
空腹を満たした満足感はあるはずです。

なので、食後の30分間は、
出来るだけ勉強するようにして下さい。

特に、朝食後は狙い目です。

なぜなら、起床後の数時間は、
集中力が高い時間帯だからです。

是非、試してみて下さい。

それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://netbiz567.blog31.fc2.com/tb.php/15-a2b9320b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。